毛穴の開きと紫外線対策

毛穴の開きが気になるなら紫外線対策も重要!?

 

毛穴の開きが気になる場合には、普段の洗顔や化粧水、美容液などのスキンケアは必須です。
いつまでも若くキメの整ったお肌を維持できれば毛穴も気にならないお肌が手に入ります。

 

しかし、スキンケアだけでは毛穴の開きを抑えるのは難しいです。
今回は、毛穴の開きの原因となると言われている「紫外線」について紹介します。

 

紫外線と毛穴の開きの関係

毛穴の開きが目立つ原因の1つに、お肌のらるみがあります。
お肌がたるんできた状態というのは、お肌のコラーゲンなどが不足しだしている状況だと言えます。

 

このお肌のコラーゲンは、実は、紫外線を浴びることによって肌のコラーゲンを減少させていると言われています。
つまり、紫外線を浴びると、コラーゲンが減少して、肌がたるみだす。
という事になります。

 

お肌がたるむと、重力に負けて皮膚が下に引っ張られます。
この時に毛穴も下に引っ張られるので、楕円や水滴のような形に広がります。
毛穴が広がった状態になるので、目立ってしまうのです。

 

 

毛穴が開いた状態で紫外線を浴びるとさらに黒くなる場合も・・・

お肌のたるみが原因で、毛穴が楕円状に広がっている状態だと
毛穴が開いているので、その毛穴に皮脂が詰まったり、チリやホコリが詰まったりします。

 

このホコリやチリ、皮脂などが紫外線に当たり酸化する事で黒くブツブツになる事があります。
また、毛穴が詰まっていない状態でも、毛穴にメラニンが沈着して黒くなる場合があります。

 

このように毛穴が開いた状態になると、さらに紫外線によって黒くなる危険性が出てきます。
毛穴が開いたうえに黒くなると、さらに目立ってしまいます。

 

 

毛穴の開きの紫外線対策はどうするか?

お肌のたるみや毛穴の開きが気になったら、スキンケアを見直すのは当たりまえです。
それ以外にも日焼け止めを塗ったり、日傘を使うのも大切です。

 

ここで注意が必要なのが、紫外線が強い春から夏にかけてのみ紫外線対策の
日焼け止めや日傘を使っていませんか?
また、外出する時にのみ紫外線対策を意識していませんか?

 

 

秋から冬にかけての紫外線対策

秋から冬にかけても紫外線はあります。
たしか、夏の三分の一や四分の一程度の紫外線ですが、この状態で何もしないのは危険です。
日傘までは必要なくても、何かしらの紫外線対策が必要です。

 

 

外出する時のみ紫外線対策をしている

夏などの紫外線が強い時期でも、外出する時に紫外線対策をする人は多いと思います。
しかし、1日、家にいる時などは、紫外線対策をしていない人もいます。
家に居ても、隣の家の壁に反射して紫外線にさらされます。

 

1日中、家にいる時でも紫外線対策は必要です。

 

ファンデーションでもUVケア対応のモノを使うと良いですよ。

 

 

また、UVケアのファンデーションで、目立つ毛穴を隠したい場合は、
マキアレイベルのファンデーションは、綺麗にカバーもできて
日焼け止め、美白の効果もあるので人気です。

 

マキアレイベルのファンデーションの公式サイト