毛穴の開きの種類と対処法

毛穴の種類で対処法も違ってくる

 

毛穴の開きが気になったら、まずは、どのような状態に毛穴がなっているのかをチェックしましょう。
毛穴の開き方にも種類があり、それぞれ原因が違います。
自分のお肌の状態にあった毛穴ケアが重要になります。

 

毛穴が開く場合の種類とは?

 

開いた毛穴の状況により種類を分けることが出来ます。
虫眼鏡を使って、よく自分の毛穴を観察してみると良いですよ。

 

毛穴が開いた場合の症状の種類

毛穴の開きの種類には、

  • 黒ずみ毛穴
  • 楕円状毛穴
  • すり鉢状毛穴
  • オイリー毛穴

のような種類があります。

黒ずみ毛穴

黒ずみ毛穴とは、毛穴が黒ずんでいる状態です。見た目に黒いブツブツが出来ている状態の毛穴を言います。
毛穴の黒ずみの原因としては、酸化した皮脂やチリとメラニンの蓄積の2種類があります。

酸化した皮脂やチリとは?

若い人など、皮脂の分泌量が多い人に起こる症状です。皮脂の分泌量が多く毛穴に詰まり、ホコリやチリなども付着して酸化して黒くなった状態です。洗顔で汚れをとり、毛穴を閉じる化粧水や美容液など保湿も十分に行いましょう。

メラニンの蓄積とは?

メラニンの蓄積は、毛穴部分にシミが出来ている状態です。皮膚の代謝を高めて古いメラニンがある皮膚を排出する必要があります。

楕円状毛穴

楕円状の毛穴以外にも「水滴状」になっている場合もあります。この楕円状や滴状に毛穴がなっている人は、肌のたるみが原因です。お肌のたるみをとる為に引き締め効果があるケアを行う必要があります。

すり鉢状毛穴

毛穴がすり鉢状になっている人は、保湿をシッカリしてお肌のキメを整える事が重要です。代謝アップなども効果が期待できます。

オイリー毛穴

オイリー肌の人で毛穴が開いている場合には、皮脂が出すぎている可能性があります。洗顔後の保湿をしたり、お肌を引き締めるスキンケア用品を使うと良いようですよ。

 

以上のように、お肌の状態によって、毛穴の開き方などの症状も違ってきます。

 

 

基本的な対策は、クレンジングや洗顔で、まずは、毛穴の汚れを取り、その後、化粧水や美容液、クリームなどでお肌に栄養を与えつつ、保湿をシッカリしてお肌が乾燥やたるみが出ないように、お肌のハリやキメを保つスキンケアを毎日欠かさず行うのが大切です。

 

 

 

毛穴の開きを改善したいならトップページに詳しく紹介しています・・・

 

 

 

 

メニュー