30代・40代の毛穴の開きの原因と対策

中年からの毛穴の開く原因と対策を紹介

 

30代、40代の人で毛穴の開きが目立ってきた場合に考える必要がある原因と対処法を紹介します。
中年になってくると若いときとは違った原因で毛穴が目立つようになります。その理由と原因を知ることで、より毛穴ケアが適格に行える可能性がアップします。

 

 

30代・40代の人の毛穴の開きの原因とは?

30代も過ぎて、40代にもなってくると毛穴が目立つ理由は、お肌のたるみげが原因になっている可能性が高いです。10代や20代の時と比べると30代も超えて40代、50代と年齢を重ねることによって、お肌のハリや潤いが無くなってきます。

 

お肌のハリや潤いが無くなってくるのは、肌のコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸が減少してくるのが原因です。年齢的に仕方ないことですが、このようにお肌が潤いやハリを失う事で、お肌がたるんできます。

 

また、年齢的に代謝が落ちてきたり、保湿が十分にできていない場合でも肌が乾燥して、たるみやすくなります。

 

たるみが原因で毛穴が開く理由とは?

では、なぜ、肌がたるむと毛穴が開くのでしょうか?

 

肌がたるむと、どうしても重力に負けて下にさがり気味になります。

 

この時に毛穴もたるみが原因で重力で下に引っ張られて広がります。
重力で引っ張られた毛穴は楕円状になり影が出来ます。この影が黒く見えて毛穴が広がって目立つようになります。

 

 

このように、30代、40代以上の人は、お肌のたるみが原因で毛穴が広がって、目立って見えるようになる可能性があります。

 

 

たるみが原因の場合の毛穴のケア方法

 

毛穴の広がりが気になる場合には、今まで以上にスキンケアをキチンと行う必要があります。
スキンケアは、「洗顔・クレンジング」、「化粧水」、「美容液・乳液・クリーム」などの使い方と選び方が大切になります。

 

洗顔・クレンジング

洗顔とクレンジングは、お肌についた汚れを落とすのが目的です。綺麗に毛穴の奥まで汚れを取れる洗顔方法を行う必要があります。

 

化粧水

化粧水は、洗顔後、すぐに行います。洗顔を行った後は、毛穴の汚れが取れた状態で、より乾燥しやすい状態になっています。この為、洗顔後、すぐに化粧水をつけてお肌に潤いを与えます。

 

美容液・乳液・クリーム

化粧水でお肌にうるおいを与えた後は、美容液や乳液、クリームなどを使って、さらに栄養の補充を行いつつ、開いた毛穴に蓋をして、肌の乾燥を防ぐ必要があります。

 

 

乾燥は毛穴の開きの大敵です

日々のスキンケアで、お肌の乾燥をしないようい注意する必要があります。
肌が乾燥すると、皮膚を守る為に毛穴から皮脂の分泌が過剰に行われる事があります。
毛穴からの皮脂の分泌が増えると、毛穴に皮脂が詰まって毛穴が開く原因になるので注意が必要です。

 

 

毛穴の開きを改善したい人に適したスキンケア用品

毛穴の開きが気になる人は、キチンと、毎日、毛穴の汚れを取り除き、その後、毛穴を引き締める必要があります。

 

毛穴の汚れを取る方法

毛穴の汚れを取る為には、洗顔時に洗顔料をシッカリと泡立てて、微細な泡で毛穴の汚れを吸着して取り除きます。
この方法で洗顔をすると、毛穴の汚れはもちろんですが、お肌も綺麗になると言われています。
この洗顔料を選ぶときに、より毛穴の奥までシッカリと汚れが取れる洗顔料を選ぶのがポイントです。

 

毛穴を引き締める方法

洗顔後に付ける化粧水やクリームなども毛穴を引き締める成分が入っているモノがお勧めです。
毛穴を引き締める事が出来るのはビタミンC誘導体入りの化粧水やクリームが有名です。
特に、最近では従来のビタミンC誘導体よりも何倍もお肌に浸透するモノも出てきています。
より、お肌の引き締めが期待出来るモノを選ぶのが大切です。

 

 

 

毛穴の開きを改善したいならトップページに詳しく紹介しています・・・

 

 

 

 

メニュー