10代・20代の毛穴の開きの原因と対策

若い人の毛穴の開く原因と対策を紹介

毛穴が開いてしまう原因は、10代、20代などの若い人と30代、40代以降のある程度の年齢の人によっては原因が違います。
ここでは、10代、20代などの若い人が毛穴が開く理由と対策を紹介します。

 

そもそも、毛穴の役割とは?

毛穴の開きの原因を知る為には、まずは、毛穴の役割を知っておくと理解が進みます。

 

毛穴は、顔全体だけでも20万個はあると言われており、この数は生まれた時から変わりません。これだけ多くの毛穴があるのは重要な役割があるからです。具体的な毛穴の役割は、

  • 毛穴からでる皮脂が作る膜で肌を守ることで空気中のチリやホコリ、花粉など外的刺激から皮膚を守ります。
  • 皮脂を出すことで肌の乾燥を防ぎます。
  • 体内に溜まった老廃物を皮脂や汗と共に体外に排出します。
  • 皮膚上での雑菌の繁殖を予防します。

と言ったように毛穴から皮脂や汗を出すことで、健康や美容の為に身体を守る役割が毛穴にはあります。

 

 

若い人の毛穴が開く原因とは?

10代や20代の比較的に若い人の毛穴が開く原因は、皮脂の分泌が過剰になっているのが原因である可能性が高いです。
特に思春期の頃から皮脂の分泌が活発になるので、高校生ごろから毛穴の開きや毛穴の黒ずみが気になる人が出てくると思います。

 

この毛穴から出る皮脂の分泌量が増えることによって余分な皮脂が毛穴に詰まって、毛穴を閉じるのを妨害します。この為、毛穴が開いた状態になります。さらに、開いた毛穴には、チリやごみ入り込み、酸化する事で黒ずんで見えます。

 

このように若い世代の人の毛穴の開きは、皮脂の分泌が過剰になっているのが原因です。これを改善する必要があります。

 

 

若い人の皮脂の詰まりが原因の毛穴の開きの対策方法

若い人で、皮脂の分泌が過剰になっている人は、お肌の状態を整える必要があります。健康なお肌をたもつと、お肌に潤いとハリを取り戻すと毛穴の開きも目立たなくなります。その為に大切な方法を紹介します。

 

毛穴が開いている人のケア方法

過剰な皮脂で毛穴が開いている場合には、洗顔、化粧水、保湿が大切です。

 

毛穴の開き改善の洗顔の方法

毛穴の開きや黒ずみが気になる人は、まずは、洗顔やクレンジングを見直します。キチンと毎日、毛穴の奥の汚れも取り除く事が基本です。ただし、ゴシゴシ洗うのはお勧めしません。お肌が傷ついてしまいます。

 

化粧水と保湿の方法とポイント

洗顔をした後は、お肌が無防備な状態なので、乾燥しやすくなっています。そこで、洗顔後、すかさず化粧水でお肌に栄養を与えます。化粧水だけでは保湿が出来ないので、その後、美容液や乳液クリームなどで保湿も行い、肌が乾燥しないようにします。

 

肌を乾燥させないのも大切

肌が乾燥すると、その乾燥を補おうと、肌を守る為に皮脂の分泌が過剰になります。この為、お肌は乾燥させないように意識してケアする必要があります。

 

毛穴が開く人には、毛穴開き対策にマッチしたスキンケア用品が効果的

毛穴が開いてしまう人の場合には、普通のスキンケア用品を使うよりも、毛穴の開きに効果が期待出来る洗顔料や化粧水、クリームなどを使うのがお勧めです。

 

洗顔料は、より毛穴の奥の汚れが取れるモノが良いですし、化粧水やクリームなどもお肌を引き締めてくれる効果が期待出来るビタミンC誘導体が入っているモノがお勧めです。

 

 

 

毛穴の開きを改善したいならトップページに詳しく紹介しています・・・

 

 

 

 

メニュー